『気軽に相談できる場』として、無料相談を実施しております。
婚約トラブル相談所
    〜 行政書士橋詰事務所 〜

セクハラ、パワハラ、不当解雇、労働問題の相談所

〒553−0003
大阪府大阪市福島区福島8丁目8番3号
ランドマーク福島ビル704号室
電話番号:0664583621
※ 争い事が発生した場合、代理人を立てたい場合は弁護士をご紹介致します ※
セクシュアルハラスメント
●セクシュアルハラスメント
●セクハラの分類
●セクハラ行為
●男女雇用機会均等法
●雇用管理上講ずべき事項
●セクハラの立証
●慰謝料請求
●職場環境改善請求
●刑事告訴

パワーハラスメント
●パワーハラスメント
●パワハラ行為
●パワハラの立証
●慰謝料請求
●職場環境改善請求
●刑事告訴

不当解雇
●不当解雇
●解雇予告手当
●退職条件

労働問題
●不当な懲戒処分
●未払い賃金
●残業代

経営者の方へ
●企業の義務、予防措置
●外部相談サービス概要
●外部相談サービスの流れ

内容証明郵便
●内容証明郵便
●依頼するメリット

依頼・相談費用
●依頼・相談費用
●無料メール相談
●無料電話相談

事務所紹介
●事務所紹介
●地図・写真紹介
●サイトマップ

解雇予告手当

労働者を解雇するには、正当な理由があっても30日前に予告するか、30日分以上の平均賃金を補償しなければなりません。(労働基準法20条)
この30日分の平均賃金が「解雇予告手当」です。

よく勘違いされて相談に来られる方がいるのですが、「解雇=解雇予告手当請求」ではありません。
労働基準法では、解雇するために、「30日以上前の解雇予告」か「解雇予告手当の支払い」を求めています。

30日以上前に解雇予告された場合には、解雇予告手当は支払われません。
その場合は、解雇の日までの給料が支払われるのです。

30日以上の期間を定めた解雇予告がない場合や即時解雇の場合に、解雇予告手当を請求することができます。
また、解雇予告手当の支払いがない事を理由として、解雇無効を主張することはできません。

解雇予告手当の額

30日分以上の平均賃金とは、解雇発生日以前の3ヶ月間に支払われた賃金総額をその期間の総日数で割った金額です。
※3ヶ月間とは直前の賃金締切日から起算。
※ボーナスは算入しない。

解雇予告制度の例外(制度が適用されない場合)

(1)天災事変その他やむを得ない事情で会社の継続が不可能になったとき

●「天災事変」とは、地震や火災、洪水などの自然災害や戦争、内乱など。
●「その他やむを得ない事由」とは、天災事変に準ずる不可抗力的な事由。

(2)労働者の責に帰すべき事由で解雇されるとき

●「労働者の責に帰すべき事由」とは、背任や横領、企業秘密の漏洩、重大な経歴詐称など非常に悪質で重大な服務違反です。

【(1)(2)は労働基準監督署長の認定が必要】
※労働基準監督署の認定(除外認定)は、実際には、簡単に出ません。
そのため、懲戒解雇の場合も、懲戒事由によっては、解雇予告手当の支払義務はあることになります。

(3)日雇い労働者(1ヶ月を超えて雇用される場合除く)

(4)2ヶ月以内の期間労働者
(所定期間を超えて雇用される場合除く)

(5)季節的業務で4ヶ月以内の期間労働者
(所定期間を超えて雇用される場合除く)

(6)試用期間中の労働者
(14日を超えて雇用される場合除く)


 泣き寝入りする前に
     不当な扱いをされないために
         あなたのチカラになります!

無料メール相談
メールによる初回相談は、基本的に無料です。
お気軽にご相談下さい。

※ご相談前に、無料メール相談
一読下さい。

当事務所サイト
行政書士橋詰事務所HP
●夫婦間問題
●男女間題
●労働問題
●日常生活のご相談事
●内容証明作成
行政書士橋詰事務所HP
●会社設立
●交通事故
●遺言・遺産相続
●各種契約書作成
●入国管理局申請

当事務所運営サイト
婚約問題相談所
夫婦問題相談所
不倫・浮気問題相談所
遺言書・遺産相続相談所
職場問題相談所
ストーカー問題相談所
消費者問題相談所
当サイトはリンクフリーですが、公序良俗に反するサイト、アダルトサイトその他行政書士橋詰洋一が不適当と判断したサイトにはリンクをお断りする場合があります。
当サイト内におけるすべての名称、文章、画像、情報の無断での転載、複製、引用等を禁止します。
また当サイトはご利用者の自己責任においてご利用頂くようお願い致します。
当サイトのご利用において生じたいかなる損害に対しても行政書士橋詰洋一は一切責任を負いません。また予告なく内容を変更する事があります。
Copyright(C) 行政書士橋詰事務所All rights reserved